省力化かご工
ハイパーマット多段積型

ハイパーマット多段積型は、従来から使用されている、ふとんかごの耐久性と強度を改良した階段積のかご工法です。製品本体をU型に加工した金網を採用したことで、施工性と経済性の向上を実現しました。

※簡易安定計算をご利用いただけます。

ハイパーマット多段積型は下記 新技術・新工法に登録しています。

国土交通省 新技術情報提供システム登録製品

静岡県 新技術・新工法情報データベース】(登録番号:1426) | 【宮崎県 新技術活用促進システム】(区分別整理番号: 557)
【横浜市道路局 新技術・新工法 】(登録番号:04) | 【NEXCO総研 新技術・新工法】
農業農村整備民間技術情報データベース】(登録番号:1125)

ハイパーマット多段積型 特徴

経済性

  • 施工性の改善から従来工法である、ふとんかごに比べ直接工事費が低減されます。

施工性

  • 金網は製造工場でU字型に加工しており、現場での組立工程を簡略化
  • 延長方向は連続一体構造のため石詰が容易
  • 剛性が高く、組立時の仮設補強が不要で、工程短縮と工費縮減を実現
ハイパーマット多段積型とふとんかごの比較
ハイパーマット多段積型とふとんかごの比較

耐久性

  • 金網部に、亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網を採用したことにより、治山・砂防等の工事で約50年、河川工事では約30年の耐久性を確保。本設材としての耐久性を実現したかご枠です。

強度

  • 金網に引張強さ540N/mm2 以上を有する溶融亜鉛-10%アルミニウム合金めっき鉄線を使用した事により、適用範囲が拡大

ハイパーマット多段積型 用途

  • 土留め
  • 山腹工
  • 法尻保護工

ハイパーマット多段積型 規格

部材規格

部材名称 線径・網目寸法(mm) 使用材料
本体・側面網 Φ5X100X150 亜鉛アルミ合金先めっき溶接金網
めっき付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
上蓋 Φ5X100X150
補強筋 Φ6 亜鉛アルミ合金めっき鉄線
めっき付着量300g/m2以上
アルミ含有量10%以上
ステー Φ6
連結コイル Φ5
※製品改良の為、製品形状及び仕様は予告なく変更する場合があります。

寸法規格

  型式   高さ H(mm)  幅 B(mm) 長さ L(mm)
100型 500 1000 2000
120型 500 1200 2000
※端部用のL=1000mmもご用意しております。
※上記以外の寸法は特注品となります。別途お問い合わせください。

ハイパーマット多段積型 施工例

※価格、積算、安定計算、施工など製品に関するお問い合わせはこちら
ページTOPに戻る